ソリューション[ハンディナースコール]

ハンディナースコールシステム

概要

電話交換機(PBX)と連携し、構内PHSでナースコールからの呼び出しに応対

受け持ちの患者様からの呼び出しをPHSで受けることができるので、ナースステーションを離れていてもナースコールに対応できます。 PHSは院内の内線通話へも利用可能です。

特長

ナースステーションを離れていても、患者様からの呼び出しに対応可能

着信画面例(一般・脱落・特定呼出等の場合/緊急呼出の場合)

正確・迅速に呼び出し先を確認

呼出内容が一目で分かるカナ文字表示です。 (緊急などの呼出種別・部屋番号・ベッド番号がすぐに分かります)

効率的な対応

患者様からの呼び出し優先度を担当チームごとに設定できるので、 チームナーシングへの活用も有効です。

ナースコール呼び出しを最優先で対応可能

PHSで内線通話中もナースコールからの割込み着信を送出して、呼び出しをお知らせします。

導入効果

ハンディナース子機1台で、ナースコールも内線連絡も

  • 病院のナースコールと連動し、院内のどこにいても患者様からの呼び出しに対応でき、看護士さんの労力を大幅に軽減するとともに、患者様へのサービスを向上することができます。
  • ハンディナース子機1台で運用できるため、電話のためにステーションに戻る必要がなく、省力化が図れます。 (夜間などの人の少ない勤務帯に特に効果的です)

構成

電話交換機(PBX)とハンディナース主装置を一体化

従来の電話交換機(PBX)と、ハンディナース主装置を一体化することで、ハンディナースシステムを構築できます。

  • PBXとナースコールは直接連携が可能です。
  • 従来のハンディナースコール主装置は不要です。

システム構成図

ナースコールシステム構成図

関連ソリューション

お問い合わせ

デモ、資料送付、お見積りのお申込みはこちらまで

お問い合わせフォームへ
03-3690-6911

受付時間 月〜金 9:00〜17:30
(祝日除く)

Copyright© 2009-2017. Kanda Tsushinki Co.,Ltd. All Rights Reserved.