いただいた情報をしっかり記録~ここる機能をご紹介④寄附金

社会福祉協議会様の業務に特化した「会員総合情報システムここる」。第四弾は「寄附金」管理をご紹介いたします。地域の方々から頂いた大切な寄附金、システム管理で漏れをなくしましょう。

目次

寄附者と寄附金の情報を管理

寄附では「いつ」「誰から」「どのくらい」寄附をいただいたか、などの基本的な情報の記録と、目的、指定寄付額、お礼状や領収書の発行記録を残しておくことができます。団体からの寄附金、寄附者が不明の場合や、匿名の場合も対応していますので、漏れなく、記録しておくことができます。

表彰対象と履歴の管理

寄附金の記録を残していくことで、寄附者単位で過去の履歴や累計額の管理も対応しています。また、表彰履歴管理、対象者や候補者の一覧確認もできるようになっています。

実績報告

実績の集計、報告書の作成もここるが自動で行ってくれます。寄附金の実績報告書や一覧表、昨年度との差異を自動で集計し、確認することが可能です。自動での集計以外にも検索画面から任意で期間や金額を指定しての絞り込みもできるため、柔軟にご利用いただくことができます。

まとめ

今回は「寄附金」についてまとめました。機能としてはシンプルなのですが、「寄附をいただいている方」の情報を社協全体で共有できるため、他の部署の方が寄附者にお礼を言うことができる、と地域の方とのコミュニケーションにも一役買っているそうです。

 

会員総合情報システム「ここる」についてはこちら

ご質問・ご相談に関しては
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ